Mission

クライアント企業のために、私たちに何ができるか・・・ 一般的には、コンサルタントはクライアント企業を通じて間接的に社会に貢献するという使命を負っています。だからこそ、多方面に亘る豊富な実績と知見を通じて、クライアント企業の中からは「見えない」課題を発見したり、「思いつかない」解決方法を提供することができるプロフェッショナルであるべきです。
MITでは、一般的なコンサルタントとしての「良さ」を残しながら、いかにクライアント企業への貢献を通じて、よりダイレクトに社会に貢献できるのかを探究しています。
その姿勢を、企業ポリシーであるPASSIONACTIONに表現し、チームで共有しています。

MITは、事業再生領域や、M&A、事業承継といったトランザクション領域に特化したコンサルタント集団であり、案件に応じてそのノウハウを活かし、よりダイレクトな貢献を目指した事業ファンドの運営を行っています。

Challenging Together With Passion

情熱的であること、これは我々の企業ポリシーの中で最も重要な要素です。チャレンジの先には理想があり、理想をクライアント企業と共有して進むためには、情熱は不可欠であるといえます。
また、理想はクライアント企業のいずれ来るべき未来であり、到達するための継続的なチャレンジに情熱を注ぐことが企業の成長を生み出す原動力です。理想へのプロセスをクライアント企業と「一体となって」チャレンジする姿勢を通じて、MITはよりダイレクトに社会に貢献することができると考えています。
従って、時にはクライアント企業の理想像をめぐり、論戦となることもあるでしょう。また、困難な局面でのクライアント企業の姿勢に対して苦言を呈することもあるかもしれません。しかし、それもMITの情熱の証です。

MITは、クライアント企業と共に、理想に向かって情熱を持ってチャレンジする姿勢を大切にしています。

Going Together Into Action

行動に移すこと、これも我々の企業ポリシーの中で重要な要素です。チャレンジする姿勢は情熱的であるべきですが、行動そのものは計算されたものであり、かつ冷静なものであるべきです。
また、理想はクライアント企業の来るべき未来と表現していますが、そこに到達するためのプロセスは現実的で、日々の行動の忍耐強い積み重ねで構成されていることも真実です。MITは、実現可能性に拘った綿密な計画性と、徹底した現場主義を貫きクライアント企業と「一体となって」行動に移すことで理想へのプロセスを確かなものにしたいと考えています。
従って、時にはクライアント企業の商品を売り歩き、重要な交渉の場面に立会い、場合によっては資金調達の仕組みを構築するなど、主体的かつ積極的にクライアント企業のビジネスに関わることを厭いません。

MITは、クライアント企業と共に、徹底した現場主義を貫き行動に移していくことを約束します。