一般には、コンサルティングや事業ファンドの運営といった事業分野においてはそれぞれ非常に広い領域でサービスが定義されており、業種を軸にした切り口や戦略系か実行系かといったマネジメントを軸にした切り口、ベンチャーか事業再生かといった企業のフェーズを軸にした切り口などに応じて、さまざまなカテゴリーが存在します。

MITは、コンサルティングについては事業再生およびトランザクションの領域に特化してアドバイザリー活動を行い、各方面のプロフェッショナルがチームを編成し遂行しています。また、事業ファンドについてはコンサルティングチームとの連携を核としながら、よりダイレクトに企業価値の向上及び社会貢献の実現を可能にすべく、質の高い運営を行っています。